2009年05月26日

ローンのシュミレーションを活用する

お金を借りる時には、借り入れ前にある程度のローンのシュミレーションをすることをおすすめします。

お金を借りた後の返済トラブルを起こさないためにも、返済計画を立てるということは非常に大切なポイントです。

ローンのシュミレーションをすることが、インターネット上でできるので、それを活用してみると良いでしょう。

ほとんどの銀行などの金融機関のホームページでは、ローンのシュミレーションができるページを設定しているようです。

金利の計算などは自分ではなかなか出来ないものです。ローンのシュミレーション機能が銀行などの金融機関のHPなどにあるので、金利や返済期間の比較をする場合に使ってみてください。

返済計画をそのようなものを利用して検討してみましょう。ローンのシュミレーションは、銀行などの金融機関によって、入力設定しなくてはならない項目に違いがあります。

もっとも簡単なのは、入力設定しなくてはならない項目が少ないローンのシュミレーションです。

ですが、少しでも項目が多くなっているローンのシュミレーションを使ったほうが、ローンのシュミレーションとして、より現実味のあるものになるかしれません。

自動車ローンやカードローンなどの比較的少額なローンのシュミレーションが、住宅ローンなどの大きな買い物となるローン以外の場合でもできるようになっているところもたくさんあります。

実際にローンを組むことを考えたとしたら、ローンシュミレーションをしっかりと活用することをおすすめします。
posted by syumiloane5 at 18:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

ローンのシュミレーションをする時

ローンのシュミレーションをするにあたって必要になってくるのがライフプランニングです。

ライフプランニングは、家族構成などによってまったく違います。

家族構成によって大きく変わることになるのが、ローンのシュミレーションの内容です。

既婚なのか、独身なのか、子どもがいるのか、いないのか、親がいるのか、いないのかなど、家族構成だけに着目してもだいぶ違ってくるでしょう。

子どもがいた場合、子どもの人数は一人なのか、二人なのかなど、いろんなパターンが考えられます。

自分だけでなく生活を一緒にしている家族も含めた、将来に渡って必要になるであろうお金の動きをきちんと理解することが、ローンのシュミレーションを考えるときには重要なことです。

第一歩としてのローンのシュミレーションは、これから必要になると予測できるお金をライフプランニングによって知ることです。

ローンのシュミレーションを考えるときの重要な項目は言うまでも無く収入の額です。

ローンの返済にどれだけお金をまわすことができるのかが、ライフプランニングを立てたときに、必要になってくるであろうお金が自分の収入のどれくらいの割合になるのかによって、理解することが可能になります。

収入額と返済額の割合をしっかり把握することがローンのシュミレーション時における大切なポイントです。

ローンのシュミレーションをしなくてはならない程の買い物をすることは人生の中でもそんなに多くはありません。

ローンのシュミレーションをきちんとして、ローンを組んだことを後悔することの無い様にしていきましょう。
posted by syumiloane5 at 21:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローンのシュミレーションとは

ローンというのは、貸し付け、貸すという意味になります。

すべて借りたお金の使用目的が限定されている物に対しての貸し付けになるのが、住宅ローンや教育ローン、自動車ローンなどで、これらのローンは誰でも耳にしたことのあるものではないでしょうか。

お金の使用目的は関係ない貸し付けのローンは、カードローンといいます。

どのようなローンを組むという場合にも、注意が必要なことはさまざまあります。

ローンを組む時に注意すべき点は、ローンのシュミレーションをしてみるということです。

ローンのシュミレーションは、とくに住宅などの大きな買い物をするときには、絶対に必要なことだといえます。

まずはローンのシュミレーションをする前にひとつやるべきことがあるようです。

それは、ライフプランニングをたてるということです。

ライフプランニングとは、その言葉からもわかるように、人生の設計図になります。

住宅などの大きな買い物をするためにローンのシュミレーションをするのですが、ライフプランニングというのは、その人の家族構成などによって大きく変わってくるでしょう。

これからの人生において、どんなことが起こるのか、ということはどれだけのお金が、どのような目的のために必要になってくるのかをある程度予想してわかっておくことが重要です。

ライフプランニングを作るだけでも、大きなお金の動きが把握でき、それだけでもある程度のローンのシュミレーションになってくるのではないでしょうか。
posted by syumiloane5 at 15:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。